心の知能指数向上

心や体の弱さを克服する誰でもできる方法

投稿日:2018-11-04 更新日:

私も体感した、心や体の弱さを克服するたった一つの方法

自分はどうもメンタルが弱いなー、身体が弱いなーと感じて、いろいろとやりたいことを制限してしまうことはありませんか?

以前の私がそうでした、実際にメンタルも身体も弱かったですし。

しかし、私は心身共に体調を回復させました。

今回は、私が体調を回復させた方法と同じことが【大愚和尚(たいぐおしょう)の一問一答】の動画の中にあったのでご紹介します。

動画はこの下の方に埋め込みましたので、気になる方はご覧ください。


【大愚和尚(たいぐおしょう)の一問一答】の要約

要約は動画の下に書きました。

私の解釈も含まれ正確ではないかもしれないので、正確な内容が知りたい方は動画をご確認ください。

▼ 体が弱い人たちに共通するたった1つの事 | 【大愚和尚の一問一答】

自分が抱えている問題って自分が問題だと思っていることが一番問題なんですよ。
この質問者さんの場合は、自分が身体が弱いと思っていることが問題。
自分が「身体が弱い...弱い...」と暗示をかけ続けていることが問題なんです。

他者と比較して弱いと判断してはいけません。
もって生まれた強さには個体差があります。

ただ、人間は使命感ややりたいことに打ち込むことで身体を変えられます。
ただ変わるときに一旦体調が崩れます。
環境に適用しようと身体が変わるんです。

嫌な事に対して無理をするとストレスで過労死する危険がありますけど、
自分が「これがやりたい」と強く思えることに対しては、人間って意外と無理が出来るんです。

なんでこういうことが言えるかと言うと、お坊さんの修行で何度もこういう例を見てきてます。
修行中は長いと2,3ヶ月体調不良が続いたりしますが、それを乗り越えたら明らかに身体から毒素が抜けて、身体が変わったと感じるんです。

ただ本当にこれは無理だと思ったら無理はしないでください。
使命感を感じられるようなことをみつけたら、まだ27歳でお若いのでチャレンジしてみてはいかがかなと思います。

スポンサーリンク

先ずは自己理解を深めること

自己紹介ページでもお話しましたが、私はやりたいこと以前に自分が何者なのかがさっぱりわからない『人生の迷子』でした。
他人の価値観で自分の価値観を上書きして他人の人生を歩んでいる状態でした。

参考ミニマリズム思考のススメとは?

あなたは大丈夫ですか?
そんな自分に気づいてるならまだ良いですが、気づいていないのであれば、以前の自分のように危ない状態にいるかもしれませんね。

なので、先ずは自己理解を深め、自分が他と違う個体差とは何なのか?
自分が得意なことは何なのか?
自分が最低限守りたいもの、譲れないものとは何なのか?
を徹底的に探究しました。

そして自分が使命感を感じることをみつける

ある日、自己理解で得た自分の得意な事と過去の経験から自分にしかできないこと、やり遂げたいことをみつけました

それが、『ミニマリズム思考の探究』と『本当の意味での自律支援』です。

それからです、ほんとに。
先ずはメンタルが楽でした。

急に活発になったからか、確かに身体の方は環境に合わせようとしたのか、何度か体調を崩しました。

しかし、メンタル面が楽だったので、崩しながらも持病の治療の為に早朝ウォーキングや白湯を続けることが出来ました

そして、『ミニマリズム探究』をしながら、『本当の意味での自律支援』の準備をしているうちに、気づいたら心身の病を手放すことが出来ました。

あなたには使命感を感じるものはありますか?

まとめ

ということで、【心や体の弱さを克服する誰でもできる方法】のまとめ。

  • 自分のことを弱い人間だと思ってしまっていることが問題
  • 生まれ持った強さには個体差はあるが、後天的に人は変われる
  • やりたいこと、使命感を感じることに関しては、人間というのは意外と無理ができる
  • 死ぬ気で死なない程度に頑張れば、強くなれるはず

体調を回復する過程で再認識しましたが、モチベーションってほんとに大事だと思いました。

みなさんも自己理解を深め、自律した状態でやりたいことや使命感を感じるものを探してみてはいかがでしょうか?

大愚和尚の一問一答で紹介された心に残る言葉集

このページではYouTubeチャンネル【大愚和尚の一問一答】内で紹介された心に響く仏語や禅語等と動画のリンク、私のブログ内の記事があればそれも紐づけております。 何か心のモヤモヤを解決するヒントが欲し ...

-心の知能指数向上

Copyright© ストレスミニマリズム , 2020 All Rights Reserved.