心の知能指数向上

夢を叶える為に必要な基礎的な心構えを三つ

投稿日:2019-01-22 更新日:

夢を叶える為に必要な基礎的な心構えを三つ

あなたは、夢を抱いてもなかなか行動に移せなかったりしていませんか?

私がそうでしたが、それは行動理由の不明確さとやり方が定まっていないことが原因かもしれません。

今回は、【大愚和尚(たいぐおしょう)の一問一答】の動画の中で『土台』や『基礎力』の重要性について話されているのですが、大変共感したので紹介させて頂きます。


大愚和尚の一問一答の動画と要約

動画の要約を動画の下に書きましたが、私の解釈も含まれ正確ではないかもしれないので、正確な内容が知りたい方は動画をご確認ください。

▼ 夢を叶えるための近道はない。焦らず、腐らず、一歩ずつ。

「本当に医学部に行きたいのだろうか?」と自分に問いかけてみてください。
知らないうちに自分の目標をすごく高いことろに設定してはいないでしょうか?
医学部を目指すということは、医療に携わる仕事をするということです。
合格した先が、はっきりとイメージできているかが問題です。

人間、「こうなりたいんだ」という夢があるのなら、まずはその夢に向かう理由と情熱は不可欠です。
医学部に合格するためには、多くの時間をかけて勉強をし、さまざまな試験にパスしなければいけません。
この機会に自分としっかり向き合い、自分の行動の理由と情熱を確固たるものにしてください。

そして次に大切なことが「基礎力をつけること」です。
「どうしても医学部に行きたい!」と思うのであれば、勉強の基礎力をしっかりとつけてください。
自分の今の実力をちゃんと見据えて、基礎から教えてくれる良い先生につくことです。
2階や3階を作るのはそれからです。
どんな人生を歩むにせよ、基礎があってその上があるのです。
それは誰にとっても変わらない法則です。
焦らずに、腐らずに、基礎から作っていきましょう。
それができれば、目標の達成に向けて加速できます。
応援しています。

引用元 : 夢を叶えるための近道はない。焦らず、腐らず、一歩ずつ。

スポンサーリンク

やる気を継続するには、明確な行動理由

やる気

ガソリンや電気が無ければ車は動かないのと一緒で、人間も原動力がなければなかなか粘り強く行動することは難しいですね。

その原動力こそが、限りなく自分の中で突き詰めた明確な行動理由だと思います。

誰かに言われたからとかで嫌々やっている人と自ら進んでやっている人とでは成長スピードも成果も違います。

それは、私が社会人になってから痛いほど体感しました。

自分の本心ではない道へ自分を騙しながら進んでいった結果、仕事に対するモチベーションが上がらず、仕事自体が好きにもなれない上に、どんどん同期に追い越され、自分じゃない人生を送っているようで毎日が憂うつでした。

もしかしたら、あなたも?

しかし、今は違います。

今は、以前の私のように自分が何者かわからず、過去への後悔や、未来への不安を抱えすぎて、人生の迷子になっている人を救える仕事がしたいと本気で思える理由と情熱があるので、ちょっとしたことではくじけないメンタルが仕上がりました。

今できることを着実にこなす

着実に

目標や行動理由が定まったからと言って、完全に未来に対する不安がなくなるわけではありません。

あれもしなくちゃ、これもしなくちゃとタスクが頭の中で膨れ上がるのですが、今考えても仕方がないことが沢山あります、優先順位もあります。

なので、出来る限り優先順位を考えて、緊急性・重要度がともに高いタスクから片づけます。

しかし、優先順位も似たものばかりで頭の中がごちゃごちゃになる場合がありますが、そのときは『土台』や『基礎』を意識します。

『土台』や『基礎』に影響するタスクは、それらを後回しにすると、その上に乗る二階三階がぐらつきかねないので最優先事項として着実に片づけます

私たち個人の問題解決であれば、先ずは健康や精神性の向上ですね。

まとめ

要点

というわけで、夢を叶える為に必要な基礎的な心構えは以下の通りです。

  1. 「こうなりたいんだ」という夢を叶えたいのであれば確固たる行動理由が必要
  2. そのためには、徹底的に自分に「なぜ?どうして?」を問い、原体験から根拠を得る
  3. 目標と行動理由が明確になったら、基礎から着実に知識やスキルを積み上げること

では、私たちが心にもっと余裕のある人生を歩めますように。

大愚和尚の一問一答で紹介された心に残る言葉集

このページではYouTubeチャンネル【大愚和尚の一問一答】内で紹介された心に響く仏語や禅語等と動画のリンク、私のブログ内の記事があればそれも紐づけております。 何か心のモヤモヤを解決するヒントが欲し ...

-心の知能指数向上

Copyright© ストレスミニマリズム , 2020 All Rights Reserved.